妻 不倫 制裁

妻の不倫相手に制裁

妻が不倫して修羅場になり制裁を検討中。根拠が脆弱な状況で、妻の不倫を糾弾して不成功に終わった場合伝達。音声録音機へ収録した間男と嫁さんの卑猥な声。

 

奥さんの生活が怪しくなり、ボイスレコーダーを鞄に付けたりしておきました。

 

数日後に確かめてみると、間男と性の営みをしているとしか思えない情事を重ねる声が聞こえました。

 

これはもう確実な証拠だと思い込んで嫁をしているのかもしれない尋問してみると、不貞を白状しました。

 

しかしながら、いざ密夫へ慰謝料要償をしようとしたら、やにわに主張を曲げたのです。

 

ラブホテルへは単独で泊って、浮気相手と一緒ではないと。

 

そのような言い逃れは通じないと受け止めましたが、ロイヤーの先生に教えてもらってみても、結局不倫の現場を激写するなど証拠に保存しておかないと、法的に明白な不貞の根拠にはならないとの回答。